WordPressのアクセスログ解析

Webサーバのアクセスログを解析するために、AWStatsを導入しました。サイト全体の統計情報を見渡すには、高機能で大変見やすいです。しかも、日本語での表示も可能です。現時点で、サイト全体といってもブログしかないので、WordPressに特化した情報がほしいなと思い、あれこれ調べていました。すると、WordPressのプラグインでStatTraqを発見。さらに日本語化までされているとのこと。早速、使ってみることにしました。

スポンサーリンク




インストールについて

普通のプラグインと同じく入手したファイルを解凍し、コピーするだけです。MMRT daily lifeさんから、StatTraq 日本語版 v1.1.1 for UTF-8をダウンロードします。(ファイル名は、「stattraq_i18n-utf8_v1.1.1.zip」でした。)解凍後のディレクトリ名をStatTraq_v1.1.1とし、/tmp/以下に解凍します。WordPressのベースディレクトリを/usr/local/wordpress/とすると、以下のコマンドでコピーするだけです。

cp -R /tmp/StatTraq_v1.1.1/* /usr/local/wordpress/wp-content/plugins/

インストール後の設定

設定も簡単です。以下の手順でできます。

  1. http://WordPressのURL/wp-stattraq/stattraq-install.phpにアクセスする。
  2. 「StatTraq v1.1 を新規インストールする場合」をクリックする。
  3. MySQLにテーブルが2つ追加されていることを確認する。
  4. 先にアクセスしてphpファイル「stattraq-install.php」を削除する。
  5. WordPressの管理画面でpluginを有効化する。
  6. 有効化後、管理画面のタブに「アクセス解析」が追加される事を確認する。

後は、追加された「アクセス解析」タブからStatTraqにアクセスし、初期設定を行ったり、解析結果を見たりできます。

インストール時の問題点

Debianでphp4をパッケージで入れている場合、GDモジュールを別途いれないとグラフ(chart)が表示されません。これがわかるまで一日かかりました。「aptitude install php4-gd」をお忘れなく。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする