nginxの自動起動の設定と起動ユーザの設定

Webサーバとしてnginxをインストールしたあとに必要な作業をまとめてみました。

スポンサーリンク

nginx用のユーザ作成

Webサーバ用にnginxのユーザとそのグループを作成します。

sudo groupadd nginx-user
sudo useradd -g nginx-user nginx-user

次に作成した nginx 用のユーザをログイン禁止に設定に設定します。

sudo usermod -s /bin/false nginx-user

最後に nginx の設定ファイル「/usr/local/nginx/conf/nginx.conf」を編集し作成したユーザでプロセスが起動されるように設定します。

user  nginx-user;

ドキュメントルートの移動

ドキュメントルートを「/var/www/」に変更します。デフォルトでは「/usr/local/nginx/html」に設定されているのでこれを変更します。まずはファイルのコピーから

sudo cp /usr/local/nginx/html/* /var/www/

次に設定ファイル「/usr/local/nginx/conf/nginx.conf」を変更します。

変更前
location / {
    root   html;
    index  index.html index.htm;
}
変更後
location / {
     root   /var/www;
     index  index.html index.htm;
 }

自動起動の設定

WebサーバをOS起動時や終了時に自動で起動や終了させるための設定をします。まずは、起動用のスクリプトファイルを作成します。作成するファイルは「/etc/init.d/nginx」で内容は次のとおりです。

 #!/bin/sh

### BEGIN INIT INFO
# Provides:   nginx
# Required-Start:    $local_fs $remote_fs $network $syslog $named
# Required-Stop:     $local_fs $remote_fs $network $syslog $named
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: starts the nginx web server
# Description:       starts nginx using start-stop-daemon
### END INIT INFO

PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
DAEMON=/usr/local/nginx/sbin/nginx
NAME=nginx
DESC=nginx

test -x $DAEMON || exit 0

set -e

. /lib/lsb/init-functions

test_nginx_config() {
  if $DAEMON -t $DAEMON_OPTS >/dev/null 2>&1; then
    return 0
  else
    $DAEMON -t $DAEMON_OPTS
    return $?
  fi
}

start() {
    test_nginx_config
    # Check if the ULIMIT is set in /etc/default/nginx
    if [ -n "$ULIMIT" ]; then
      # Set the ulimits
      ulimit $ULIMIT
    fi
    start-stop-daemon --start --quiet --pidfile /var/run/$NAME.pid \
      --retry 5 --exec $DAEMON -- $DAEMON_OPTS || true
}

stop() {
    start-stop-daemon --stop --quiet --pidfile /var/run/$NAME.pid \
      --retry 5 --exec $DAEMON || true
}

case "$1" in
  start)
    echo -n "Starting $DESC: "
    start
    echo "$NAME."
    ;;

  stop)
    echo -n "Stopping $DESC: "
    stop
    echo "$NAME."
    ;;
  restart|force-reload)
    echo -n "Restarting $DESC: "
    stop
    sleep 1
    echo "$NAME."
    start
    ;;

  reload)
    echo -n "Reloading $DESC configuration: "
    test_nginx_config
    start-stop-daemon --stop --signal HUP --quiet --pidfile /var/run/$NAME.pid \
      --exec $DAEMON || true
    echo "$NAME."
    ;;

  configtest|testconfig)
    echo -n "Testing $DESC configuration: "
    if test_nginx_config; then
      echo "$NAME."
    else
      exit $?
    fi
    ;;

  status)
    status_of_proc -p /var/run/$NAME.pid "$DAEMON" nginx && exit 0 || exit $?
    ;;

  *)
    echo "Usage: $NAME {start|stop|restart|reload|force-reload|status|configtest}" >&2
    exit 1
    ;;
esac

exit 0

次に設定ファイル「/usr/local/nginx/conf/nginx.conf」を変更します。

pid   /var/run/nginx.pid;

最後に起動スクリプトを登録します。

sudo update-rc.d nginx defaults

ちなみに登録解除する場合には次のコマンドを実行します。

sudo update-rc.d -f nginx remove
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク