シェルをzshに変更する方法

Ubuntuで標準シェルはbashなのですが、zshが便利なので変更してみます。

スポンサーリンク

zshのインストール

zshパッケージのインストールを行います。

sudo apt-get install zsh

シェルの変更

デフォルトで使用するシェルをbashからzshに変更します。下記コマンドを実行するとパスワードを聞かれるのでログイン時のパスワードを入力します。

chsh -s /bin/zsh

設定ファイルの作成

ログインし直すと次のようなメッセージが表示されます。

This is the Z Shell configuration function for new users,
zsh-newuser-install.
You are seeing this message because you have no zsh startup files
(the files .zshenv, .zprofile, .zshrc, .zlogin in the directory
~).  This function can help you with a few settings that should
make your use of the shell easier.

You can:

(q)  Quit and do nothing.  The function will be run again next time.

(0)  Exit, creating the file ~/.zshrc containing just a comment.
     That will prevent this function being run again.

(1)  Continue to the main menu.

(2)  Populate your ~/.zshrc with the configuration recommended
     by the system administrator and exit (you will need to edit
     the file by hand, if so desired).

--- Type one of the keys in parentheses --- 

設定ファイルが無いのでどうするか聞かれているのですが、「0」を入力し空の設定ファイル「.zshrc」を作ります。できた設定ファイルの内容を下記内容に置換えます。この時の注意点ですが「^[」をエスケープに置換える必要があります。viで編集するならCtrl-v ESCで入力できるので置換えて下さい。

# 環境変数LANGの設定
export LANG=ja_JP.UTF-8

#補完機能設定
autoload -U compinit
compinit

# プロンプトの設定
case ${UID} in
0)
  PROMPT="%B%{%}%/#%{%}%b "
  PROMPT2="%B%{%}%_#%{%}%b "
  SPROMPT="%B%{%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{%}%b "
  [ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] && PROMPT="%{%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
  ;;
*)
  PROMPT="%{%}%/%%%{%} "
  PROMPT2="%{%}%_%%%{%} "
  SPROMPT="%{%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{%} "
  [ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] && PROMPT="%{%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
  ;;
esac

# 履歴の保存先
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000
setopt hist_ignore_dups     # 同じコマンドを重複して記録しないようにする
setopt share_history        # コマンド履歴ファイルを共有する

# ターミナルのタイトル編集
case "${TERM}" in
kterm*|xterm|mlterm)
  precmd() {
    echo -ne "\033]0;${USER}@${HOST%%.*}:${PWD}\007"
  }
  ;;
esac

# viキーバインド設定
bindkey -v

# 履歴検索機能のショートカット設定
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^P" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^N" history-beginning-search-forward-end

## 先方予測機能を有効に設定
autoload predict-on
predict-on

# カラー設定用の環境変数設定
export LS_COLORS='di=34;01:ln=35:so=32:pi=33:ex=31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'

# 補完候補一覧をカラー表示する設定
zstyle ':completion:*:default' list-colors ${(s.:.)LS_COLORS}

# 補完候補のカーソル選択を有効にする設定
zstyle ':completion:*:default' menu select=1

# コマンドのから表示設定
alias ls='ls --color=auto'
alias grep='grep --colour=auto'
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク