SNMPの取得情報をMRTGで表示(その2)

前回に続き、Linuxサーバの稼働状況をSNMPで取得し、MRTGで表示しようと思います。前回は、ネットワークのトラフィック状況とCPUの稼働率についてでしたが、今回は、空きメモリ容量とディスク使用率についてです。それぞれのMRTGの設定についてまとめました。

空きメモリ容量の設定

設定は、OIDを直接指定する方法で行います。データ1には、物理メモリの空き容量をデータ2には、スワップメモリの空き容量を設定します。

物理メモリのOID: .1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0
スワップメモリのOID: .1.3.6.1.4.1.2021.4.4.0

MRTGの設定は、次のようになります。

### Memory Free ####
Target[mem]: .1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0&.1.3.6.1.4.1.2021.4.4.0:localpasswd@127.0.0.1
MaxBytes1[mem]: 127240
MaxBytes2[mem]: 1311064
Unscaled[mem]: dwmy
Options[mem]: gauge, absolute, growright, noinfo
YLegend[mem]: Mem Free(Bytes)
ShortLegend[mem]: Bytes
kilo[mem]: 1024
kMG[mem]: k,M,G,T,P
LegendI[mem]: Real
LegendO[mem]: Swap
Legend1[mem]: 空き物理メモリ[MBytes]
Legend2[mem]: 空きスワップメモリ[MBytes]
Title[mem]: 空きメモリ量
PageTop[mem]: <h1>空きメモリ量</h1>

この設定のうちデータ最大値を指定するMaxBytes1、MaxBytes2の数値の取得については、「free」コマンドを使用して確認します。

user01@kurobox:~$ free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        127240     124936       2304          0       5232      43868
-/+ buffers/cache:      75836      51404
Swap:       131064      12376     118688

実行結果のtotalの列の値を確認します。物理メモリは、Mem:の行をスワップメモリは、Swap:の行をそれぞれの最大値として設定します。

ディスク使用率

設定は、OIDを直接指定する方法で行います。データ1には、/dev/hda1をデータ2には、/dev/hdb1の空き容量を設定します。それぞれのOIDは、次の通りです。

/dev/hda1:.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1
/dev/hdb1:.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.2

MRTGの設定は、次のようになります。

### Disk Used ####
Target[disk]: .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1&.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1:localpasswd@127.0.0.1
MaxBytes[disk]: 100
Unscaled[disk]: dwmy
Options[disk]: gauge, absolute, growright, nopercent, noinfo
YLegend[disk]: Disk Used(%)
ShortLegend[disk]: (%)
LegendI[disk]: /dev/hda1 disk used
LegendO[disk]: /dev/hdb1 disk used
Legend1[disk]: /dev/hda1 ディスク使用率(%)
Legend2[disk]: /dev/hdb1 ディスク使用率(%)
Title[disk]: ディスク使用率
PageTop[disk]: <h1>ディスク使用率</h1>

ディスクの使用率については、snmpdの設定を忘れると、結果が帰ってきません。設定ファイルは、「/etc/snmp/snmpd.conf」です。設定内容は、「#disk / 10000」行のコメントをはずします。この設定をしないと、「snmpget」コマンドを実行しても結果が帰ってきません。

###############################################################################.
# disk checks
#
.
# The agent can check the amount of available disk space, and make.
# sure it is above a set limit.--
.
# disk PATH [MIN=DEFDISKMINIMUMSPACE]
#
# PATH:  mount path to the disk in question.
# MIN:   Disks with space below this value will have the Mib's errorFlag set.
#        Default value = DEFDISKMINIMUMSPACE.

# Check the / partition and make sure it contains at least 10 megs.

#disk / 10000
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする