UbuntuでVNCサーバを構築する方法

Ubuntuをインストールした環境へ、VNCを使ってリモートアクセスする方法をまとめてみます。基本的には、UbuntuにVNCサーバをインストールし、各種設定を行うだけなのですが、VNCサーバの設定ファイル作成が難しかったのでまとめておきます。

スポンサーリンク




VNCサーバのインストール

vnc4serverパッケージをインストールします。あとは、ログインするユーザでVNCサーバを起動します。初回のみパスワードを尋ねられるので設定しVNCクライアントからログインします

user01@ubuntu:~$ vncserver

You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:
xauth:  creating new authority file /home/user01/.Xauthority

New 'ubuntu:1 (user01)' desktop is ubuntu:1

Creating default startup script /home/user01/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/user01/.vnc/xstartup
Log file is /home/user01/.vnc/ubuntu:1.log

VNCクライアントでログインする時にIPアドレスとディスプレイ番号を指定する必要があるのですが、上記の起動結果からディスプレイ番号を確認しVNCクライアントに設定する。(上記結果では、番号1となるので、192.168.0.1:1と指定する。)また、VNCサーバの停止には、次のコマンドを実行する。

user01@ubuntu:~$ vncserver -kill ubuntu:1

最後にスタート用のシェルのリンクを作成します。このファイルは、上記手順でVNCサーバを起動した時に自動作成されますが、うまく動かないようようです。VNCでクライアントからログインした後、画面が表示されないなどのトラブルがあるようです。そのため、次のコマンドでリンクを作成します。

user01@ubuntu:~$ cd .vnc/
user01@ubuntu:~/.vnc$ rm xstartup
user01@ubuntu:~/.vnc$ ln -s /etc/X11/Xsession xstartup

VNCクライアントから直接ログインする設定

このままだと、VNCで画面を表示するまでに一度、ubuntuにターミナルなどでログインしてから、VNCサーバを起動したあとVNCクライアントでubuntuにアクセスしなければなりません。VNCクライアントで直接ログインするためには、xinetdを使用する必要があります。また、使用するポートの設定を行うため、「/etc/services」ファイルの設定も行います。

パッケージ「xinetd」をインストールします。インストール完了後、設定ファイルを作成します。「/etc/xinetd.d/xvnc」を新規作成し、次の内容を記載します。

service xvnc
{
disable = no
socket_type = stream
wait = no
user = nobody
group = tty
server = /usr/bin/Xvnc
server_args = -inetd -geometry 1280x1024 -depth 24 -query localhost -once PasswordFile=/etc/passwd_vnc -extension XFIXES
}

次にvncクライアントからvncサーバにアクセスするときに使用するパスワード設定ファイルを作成します。作成するファイルは、「/etc/xinetd.d/xvnc」ファイルで設定した「/etc/passwd_vnc」ファイルです。作成方法は、次のとおり。

root@ubuntu:~# vncpasswd /etc/passwd_vnc
Password:
Verify:

root@ubuntu:~# chown nobody.tty /etc/passwd_vnc

使用するポートを設定するために「/etc/services」を編集します。ファイルの最後に次の1行を足します。

xvnc 5900/tcp # VNC Server

あとは、次のコマンドでxinetdを再起起動します。

root@ubuntu:~# /etc/init.d/xinetd restart

gdmの設定を行うために、「/etc/gdm/gdm.conf-custom」を編集します。[xdmcp]の下に「Enable=true」を設定しgdmを再起動します。

root@ubuntu:~# /etc/init.d/gdm restart

VNCクライアントからログインするのですが、今度は起動時にディスプレイ番号を指定する必要がありません。IPアドレスのみ指定しVNCクライアントを起動します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする