Linuxでのシステムフォントの変更とフォントの追加

LinuxディスクトップでOpenOfficeなどのアプリケーションを使用していると、メニューやツールバーなどのフォントを変えたくなるのですが、Linuxでのシステムフォントの設定方法がわかりませんでした。そこで、システムフォントの設定方法を調べてみました。ついでにフォントの追加方法もまとめてみました。

Linuxでのシステムフォントの設定

Firefoxなどのフォント設定で「serif」「sans-serif」「Monospace」などがあるのですが、実際にどのフォントが割り当てられているかは、設定ファイル「etc/fonts/conf.d/65 -nonlatin.conf」に書いてあります。内容は、次の通りです。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
	<alias>
		<family>serif</family>
		<prefer>
			<family>Frank Ruehl</family>
			<family>MgOpen Canonica</family>
			<family>Kochi Mincho</family>
			<family>AR PL SungtiL GB</family>
			<family>AR PL Mingti2L Big5</family>
			<family>Baekmuk Batang</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>sans-serif</family>
		<prefer>
			<family>Nachlieli</family>
			<family>MgOpen Modata</family>
			<family>Kochi Gothic</family>
			<family>AR PL KaitiM GB</family>
			<family>AR PL KaitiM Big5</family>
			<family>Baekmuk Dotum</family>
			<family>SimSun</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>monospace</family>
		<prefer>
			<family>Miriam Mono</family>
			<family>Kochi Gothic</family>
			<family>AR PL KaitiM GB</family>
			<family>Baekmuk Dotum</family>
		</prefer>
	</alias>
</fontconfig>

例えば、「Monospace」では、alias要素内のprefer要素内のfamily要素に設定されているフォントが、割り当てられているフォントです。日本語では、「東風ゴシック」が割り当てられています。

追加する場合には、新たにfamily要素を最上位に追加します。さざなみゴシックを「Monospace」に設定する場合は、次のように追加します。ただし、設定を有効にするには、一度ログインし直す必要があります。

<alias>
	<family>monospace</family>
	<prefer>
		<family>Sazanami Gothic</family>
		<family>Miriam Mono</family>
		<family>Kochi Gothic</family>
		<family>AR PL KaitiM GB</family>
		<family>Baekmuk Dotum</family>
	</prefer>
</alias>

Linuxでのフォントの追加

フォントを追加するには、TTFファイルが必要になります。日本語フォントでフリーなフォントは、いろいろあるのですが、「M+フォント」と「IPAフォント」を合成したフォントが、M+ と IPAフォントの合成フォントからダウンロードできます。各フォントの良い部分を合成しているので、非常に美しいフォントになっています。ダウンロードしたファイルを解凍するとTTFファイルができあがるので、「/usr/share/fonts/truetype/」に移動します。この時、移動したファイルをまとめるために、新しいディレクトリを作って移動することにします。作成するディレクトリは、「MPlusIPA」とします。したがって、移動先は、「/usr/share/fonts/truetype/MPlusIPA」となり、ここにTTFファイルを移動します。

また、ユーザごとに個別にフォントを追加する場合は、「~/.fonts」ディレクトリを作成し、そのディレクトリに移動すればよいです。

最後に、フォントキャッシュを更新するために下記コマンドを実行しすれば、追加したフォントが有効になっています。

fc-cache -f -v
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする