ThunderbirdとSquirrelmailでごみ箱がずれる問題について

Debian自宅サーバにDovecotを使用したIMAPサーバを構築しています。Webmailも使えるようにとSquirrelmailも導入しました。Squirrelmailでは、新たに「受信箱」、「送信済み」、「ごみ箱」、「下書き」フォルダを作成しまし、それぞれを特殊なフォルダとして設定しました。この状態でThunderbirdからIMAPサーバにアクセスすると「ごみ箱」が2つになってしまいました。今回は、その対策です。

Thunderbirdでは、「送信済み」や「下書き」フォルダは、各アカウントの設定画面で指定できるのですが、「ごみ箱」フォルダの指定については、少し複雑です。Thunderbird 2.0.0.21 (日本語, Windows 版)の場合であれば、次の手順で設定します。UbuntuなどのLinux版でも同じ手順で設定できます。

  1. 「ツール(T)」-「オプション(O)…」を選択する。

    thunderbird

  2. オプション画面より「詳細」-「一般]タブ – 「設定エディタ(G)…」ボタンをおし、設定エディタを開く。

    option

  3. 設定エディタの「フィルタ(I):」 欄に、mail.server.serverと入力し、当該するIMAPアカウントが mail.server.server? (“?”は数字)のどれに割り当てられているかをチェックする。

    about-config

  4. 設定エディタ上で設定名や値などが表示されている欄のどこかで、右クリックし、 「新規作成(N)」-「文字列(S)」で、表示されるダイアログに対して、設定名「mail.server.server2.trash_folder_name」、値「ごみ箱」として設定を追加する。

    setting-key

    setting-name

  5. その後、設定エディタを閉じて、 Thunderbird を再起動する。

その後、 Thunderbirdにより作成された「Trash」(ごみ箱)フォルダをSquirrelmailで削除する。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする