ノートPCにDebian etchをインストール

現在、自宅で使用しているノートPC(ThinkPad1620)にDebianの最新安定版のetchをインストールしてみました。もともとsargeをインストールしていたのですが、文字コードをUTF-8にするのがめんどくさいので一気にクリーンインストールしました。

最小構成のCDでネットワークインストールを実施しました。Debianのインストールも簡単になったなあと思いつつインストール終了。しかし、肝心のネットワークの設定ではまってしまいました。

無線LANの設定であせりました。無線LANカードは、BUFFALO WLI-CB-G54です。sargeの時には、ネット上に情報がたくさんあり楽勝で設定できました。ndiswrapper-0.7とDellからR74092us.EXEをダウンロードし、簡単にインストール終了。etchも同様にできると勝手に思い込んでいました。

ネット上をいろいろ探し回り、なんとか設定することができました。成功した手順は、以下のとおりです。

モジュールのインストール

必要なモジュールをインストールします。

kuroboxfo:~# aptitude install ndiswrapper-source
kuroboxfo:~# module-assistant prepare
kuroboxfo:~# module-assistant auto-install ndiswrapper

Windowsドライバーのインストール

Windows用のドライバを解凍し設定します。

kuroboxfo:~# gunzip R74092us.EXE
kuroboxfo:~# cd ./R74092us/AR/
kuroboxfo:~# ndiswrapper -i bcmwl5.inf

source.listの編集(contribの追加)

特別なパッケージが必要なのでaptitudeの設定ファイルを少し変更します。設定ファイルは、「/etc/apt/source.list」です。以下の行の行末に、「contrib」を追加すします。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ etch main contrib
deb http://security.debian.org/ etch/updates main contrib

deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ etch main contrib
deb-src http://security.debian.org/ etch/updates main contrib

フォームウェアーインストール

ここからの手順については、詳しくはわかりませんが、Windows用のドライバから必要な情報を切り出してファイルを作成し、登録しているようです。

kuroboxfo:~# aptitude install bcm43xx-fwcutter
kuroboxfo:~# cd ./R74092us/AR/
kuroboxfo:~# bcm43xx-fwcutter bcmwl5.sys
kuroboxfo:~# mv  *.fw /lib/firmware/

あとは、ネットワークを再起動し、カードのランプが点灯すれば設定終了です。

kuroboxfo:~# /etc/init.d/network restart
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする