coLinux上でのVNC設定

coLinuxでXサーバを起動して、VNCを使ってログインできるように設定してみます。実際には、

  1. taskselの実行し、ディスクトップ環境を構築する。
  2. gdmの設定ファイルを変更する。
  3. VNCサーバをインストールする。

これぐらいの作業でできてしまいます。

taskselの実行

taskselをインストールし、実行するだけです。

debian:~# aptitude install tasksel
debian:~# tasksel

gdmの設定ファイルの変更

/etc/gdm/gdm.confを変更します。設定する内容は、xdmcpを有効にし、Windows上から、Xサーバを使用できるようにする、colinux本体の方ではgdmが起動しないようにするの2点です。

[xdmcp]
Enable=true   ・・・追加
[servers] 
#0=Standard   ・・・コメントアウト

VNCサーバのインストール

VNCは、インストールするだけで使えるようです。

debian:~# aptitude install vncserver

以上の設定で終了です。再起動すれば、問題なくコンソールが立ちあがるはずです。

ここからは、ユーザごとのVNCの設定をします。まず、Xでログインしたいユーザでログインし、VNCサーバを起動します。

hogehoge@debian:~$ vncserver :1 -depth 24 -geometry 1024x768

初回だけ起動時に、アクセス用のパスワードを聞かれますの入力しておきます。次に、Windows上のVNCビューアから、coLinuxに接続します。さっきのパスワードを入力すれば、Xの画面が立ち上がります。最後に、vncサーバを停止します。

起動したときにユーザで

hogehoge@debian:~$ vncserver -kill :1

を実行します。

しかし、この手順だと、毎回めんどくさい。よって、コンソールからログインすることなく直接VNCビューアからログインできるように設定します。

/etc/services の最後に、以下の1行を追加

vnc-service 5900/tcp

/etc/inetd.conf の最後に、以下の1行を追加

vnc-service stream tcp nowait nobody /usr/bin/Xvnc Xvnc -inetd -query localhost -once -geometry 1024x768 -depth 24

このXvncコマンドについては、環境ごとに異なるので、which Xvncを実行し、パスを調べましょう。

gdmとinetdを再起動します。

vncビューアからcolinuxのIPアドレスだけ(例えば192.168.0.40)を入力すると、gdm画面が起動するので、ユーザー名とパスワードを入力すれば、ログインできます。

gnome画面からログアウトすると、自動的にvncviewerは終了します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする